HOME > 診療科・部門案内-消化器病センター


消化器病センター

内科と外科のチーム連携による診断と医療を提供します。

従来、消化器疾患は内科医が診断し、手術適応があれば外科に紹介されて手術が行われるという流れで治療が行われてきました。当センターは、内科と外科の垣根を取り払い、専門性を持った消化器科医と消化器外科医が診断から治療、退院まで緊密に連携をとりあって、質の高い医療を提供することを目的に開設しました。

当センターでは、消化器の病気全般について診療をおこなっていますが、一見消化器とは関係ないような症状でも、消化器の病気が原因となっていることもありますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

消化器科医師

副院長・榮浪医師 副院長:榮浪 克也
日本消化器病学会 専門医
内科部長・山内医師 内科部長:山内 英敬
医学博士  
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
日本感染症学会推薦 インフェクション
コントロールドクター
(ICD)

 

消化器外科医師

院長・長谷川格
院長:長谷川 格
日本消化器病学会 指導医・専門医
日本外科学会 指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会 認定医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本消化器外科学会 専門医 指導医
札幌医科大学大学院医学研究科臨床教授
外科医長・久木田和晴 外科医長:久木田 和晴
日本外科学会認定 外科専門医
外科医長・河野 剛 外科医長:河野 剛
外科医師・渡久山晃 外科医師:渡久山 晃

 

特徴

センターを構成する医師・放射線科・検査科が、診断の段階から一体となって診療にあたることで、治療をスムーズに行うことが可能となっていることです。

入院中に最も患者様に接することの多い看護師は、入院から退院まで一貫して受け持たせて頂く事で、入院生活の様々なご不安を取り除く事に努めています。

栄養士や薬剤師は、患者様の病態にあわせて、栄養に関する専門的なアドバイスやお薬の適切な服用の仕方、副作用についての助言をさせて頂きます。

手術が必要な患者様については、手術後の社会復帰がスムーズに運ぶように、手術が必要と判断された段階からリハビリテーション科が関与し、呼吸訓練などの術後合併症軽減のためのリハビリを行わせて頂きます。

診断や治療のために必要な検査、処置の中には、患者様に辛い思いをして頂かなければいけなかったものがありますが、当センターでは、このような苦痛を少しでも軽減するため、麻酔科医の管理のもとに安全に、鎮静(眠った状態)や痛みを除くための処置を行っています。

 


  内視鏡検査の様子手術の様子

HOME | 病院案内 | 診療科・部門案内 | 医療相談 | セカンドオピニオン | 職員募集