HOME > 診療科・部門案内-薬剤科


薬剤科

病院の薬剤師がどんな仕事をしているか、その一端をご紹介します。

 

薬剤科理念

病院理念に基づき安全かつ適正な薬物療法を確保し、良質な医療の提供に貢献します。

 

基本方針

  1. 最適な医薬品情報の提供に努めます。
  2. 医薬品の適正使用と安全管理に努めます。
  3. 薬の専門職として自覚を持ち知識や技術の向上に努めます。

 

限られた人員でそう多くのことは望めませんが、日常の薬剤業務を遂行する際には、すべての患者さんにきめ細やかな気配りができるよう、共に考えて行動することを基本としています。

 

業務内容について

調剤業務

当院はオーダリングシステムを導入し、診察室、病棟で医師によりパソコン画面に入力された処方オーダーが薬剤科にあるコンピューターで、処方の解析、重複薬剤、薬の相互作用、薬歴の管理などの監査を行い、更に薬剤師がパソコン画面にて処方上の不備や調剤上の問題点などを監査した後に、オンラインで連動している薬剤業務支援システムにより処方箋、薬袋、お薬説明書の発行、同時に自動錠剤分包機による一包化調剤も行ない調剤の効率化を図り、発行された処方箋に従って他の内用剤、外用剤などの計数調剤を行います。

散薬は錠剤のように薬に目印や刻印がないため薬剤業務支援システムより送信された処方を散薬処方監査システムにてバーコードを利用し、医薬品名や薬の量を処方箋とコンピューターで照合確認後散薬調剤を行い、調剤監査用シートを発行して分割分包を行っています。

調剤された薬剤は別の薬剤師により再度、処方内容、調剤内容を最終監査し、病棟に払い出されます。

 

注射薬品業務

調剤業務と同じように、オンラインで送信された処方を基に薬剤師が監査、オートアンプルディスペンサー(注射薬自動払い出しシステム)で個人毎にセットすることにより、安全かつ確実な調剤が行なわれています。

 

院内製剤業務

多様な疾病・病態をもつ患者に最適な薬物療法を実施するためには、薬事法による承認を取得・供給されている医薬品だけでは必ずしも十分ではありません。このような医療ニーズに応えるため、院内において申請・承認された製剤を作成しています。

 

医薬品管理業務

院内における医薬品の数量・品質管理を行っています。期限・温度設定・遮光保存・冷所保存等を厳格に管理し、特に気をつけるべき薬剤(使用期限が短い等) の動向を把握した上で、医薬品を最適な状態で適正に使用することができる環境を整えています。

 

がん治療支援業務

がん治療においてはレジメン(治療計画)から検査結果に至るまで薬剤師が総合的に確認を行なっています。また、抗がん剤は全てクリーンルーム内の安全キャビネットと呼ばれる専用の設備の中で安全かつ無菌的に調製する事により患者様のがん治療の支援を行っています。

 

病棟薬剤管理業務(持参薬確認)

入院中の患者様に投与される薬について、薬剤師が持参薬の内容や飲み合わせ、薬の用法用量や効果・副作用などを確認しており、他の医療スタッフと協力して患者様の薬による治療が安全かつ確実に実施されるように支援しています。また、薬の効果や飲み方・使い方、注意点などについて服薬指導など通じて患者様に分かりやすく説明します。

 

医薬品情報の収集と提供(DI 業務)

厚生労働省、製薬会社などから得た最新の医薬品情報や、院内の医薬品情報を、迅速かつ正確に収集・分類・整理・管理・保管しています。

それらの情報を薬事委員会等を通じ医師、看護師、その他の医療従事者に提供し、有効かつ安全な薬物療法を行うために寄与しています。

 

チーム医療への参加

院内には感染対策チームなど様々な職種により構成される医療チームが活動していますが、薬剤科ではこうした医療チームに回診・カンファレンスなどを通じて積極的に参加し、患者様の治療支援に深く関わっています。

 

 

院外処方箋のご案内

当院では「院外処方せん」を発行しています。これは、よりよい医療を皆様に提供させていただくためです。「院外処方せん」は、病院から交付されますが、病院内で薬をもらうのではなく、患者さんがご自身の意思で自由に院外の「保険薬局(かかりつけ薬局)」をお選びになって、そこでお薬を受け取ることが出来ます。院外処方せん FAXコーナーもご利用下さい。

 

ジェネリック医薬品について

医療機関で処方される薬には、同じ成分・同じ効き目で価格の高い薬と安い薬があります。

高い方は『新薬』です。日本で最初に発売される薬で、研究・開発に莫大なコストと年月がかかるため、薬価が高いのです。安い方が『ジェネリック医薬品』です。新薬の特許期間満了後に厚生労働省の承認を得て発売される薬の総称です。大幅な開発コスト削減と期間短縮が可能なため、新薬と同じ成分・同じ効き目で価格が低いのです。

また、医薬品には有効性・安全性確保のため、薬事法により厳しい規制が定められています。安全性はもちろん、製造管理・品質管理など各段階で守るべき基準があり、『新薬』も『ジェネリック医薬品』も薬事法の規制を守って開発・製造されています。

当院では、2006年4月から順次採用を拡大し、院外処方では 2016年度より患者さんがジェネリック医薬品を選択しやすいよう、処方箋の様式を変更しました。

 

学生実習の受け入れ

実務実習指導薬剤師を中心に実習を行い、次世代を担う薬剤師の育成に取り組んでいます。

 

 

私たち薬剤科職員一同、患者さんにより良い医療を提供できるよう、これからも日々邁進していきますのでよろしくお願いいたします。