HOME > 診療科・部門案内 -臨床検査科


臨床検査科

理念

専門技術を活かした的確な情報提供に努め、診療支援を行います。

 

基本指針

  • やさしさと思いやりのこころをもって接します。
  • 迅速かつ正確なデータ提供に努めます。
  • 専門職としての自覚を持ち、知識や技術の向上に努めます。

 

臨床検査科の紹介

臨床検査科では、患者さまより採取された血液や尿などから成分や細胞などを調べる検体検査と、患者さまに接して身体の内部を調べる生理機能検査の2つを行っています。

 

検体検査

生化学検査

血液中の酵素や蛋白、血糖値などを自動分析装置で測定し、肝機能や腎機能、 栄養状態などを調べます。

  
  • 肝機能検査: AST、ALT、γ-GTP など
  • 腎機能検査: 尿素窒素、クレアチニン など
  • 脂質検査: 総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪 など
生化学自動分析装置(AU680) 血糖・HbA1c測定装置
生化学自動分析機(AU680) 血糖・HbA1c測定装置

 

血液学検査

自動血球分析装置を用い 白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板などの数を測定し、貧血や炎症、血液疾患などの有無を調べます。また、必要に応じて血液標本を作製し顕微鏡での血液形態を調べています。

多項目自動血球分析装置(XT-2000i)
多項目自動血球分析装置(XT-2000i)

 

尿検査

尿中の蛋白、ブドウ糖、潜血などの成分を調べ、顕微鏡を用いて細胞の形態や個数、細菌の有無を観察します。

 

輸血検査

輸血適合試験、副作用を誘発する不規則抗体の検査、血液型検査(ABO式・RH式)を行っています。
血液製剤の管理を行い、安全かつ迅速な輸血が行えるように努めています。

 

 

生理機能検査

心電図検査

心臓が鼓動する際に、発生する微弱な電気信号を検出し、波形として記録します。
患者さまには、手首・足首・胸部に電極をつけ横になっていただきます。

 

ホルター心電図検査

24時間 心電図波形を記録するため、小型の機械を一日身に着けて頂きます。
不整脈、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患など様々な心疾患の有無を調べることができます。

 

呼吸機能検査

大きく息を吸ったり吐いたりしていただき、呼気量と吸気量を測定します。肺の換気の機能を調べることで、気管支喘息、慢性気管支炎、COPDなどの有無や重症度を診ることができます。

 

血圧脈波検査(PWV/ABI)

血管を流れる血液(動脈)の速さや四肢の血圧を測ることで、血管の硬さと血管のつまり具合がわかり、動脈硬化の程度の指標となります。

 

超音波(エコー)検査

人には聞こえない程の高周波の音波を使って身体の中を調べる検査です。
機器を使いますが、人体には害は無く、安全で痛みの無い検査です。
主に、肝臓、腎臓などをみる腹部エコー、心臓機能をみる心エコー、その他甲状腺や頸動脈、乳腺を検査対象としています。
腹部では肝硬変、脂肪肝、胆のうポリープ、胆石などの有無がわかり、心臓では肥大や弁膜症の有無を調べて心機能を評価します。

超音波画像診断装置 Aplio300
超音波画像診断装置 Aplio300

 

その他

健康診断に対応した聴力検査と眼底検査を行っています。

 

HOME | 病院案内 | 診療科・部門案内 | 医療相談 | セカンドオピニオン | 職員募集