HOME > 診療科・部門案内 -臨床工学科


臨床工学科

病院関係者であろうとも『臨床工学技士って何する人?』と聞かれることがあります。
患者様にとっては尚の事、未知の職業だと思いますので、当院での業務内容をご紹介します。

 

臨床工学科について

そもそも【臨床工学技士】とは、医師の指示の下に人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置などの生命を維持するための装置を操作し、かつ、保守点検を行う専門職と定義されています。医療機器の進歩や高度化・複雑化に伴い、医師や看護師などの他のスタッフが適正に使用し患者様に安心安全の医療を提供出来るよう、日々院内の医療機器の保守点検に努めています。

 

理念

病院理念に基づき医療機器を安心・安全に使用できるように管理し、良質な医療の提供に貢献します。

 

基本方針

  • 医療機器に関連した安全に対する最新の情報収集に努め、スタッフへの周知徹底及び安心・安全な医療の提供に努めます。
  • 医療機器の専門職としての知識及び修理等の技術の向上に努めます。
  • 他部門と連携してチーム医療の貢献に努めます。

 

業務内容について

手術室業務

全身麻酔器や電気メス、腹腔鏡や関節鏡などの機器の保守・点検・管理を行っています。

麻酔器 気腹装置
麻酔器 気腹装置

 

ME機器中央管理業務

輸液ポンプやシリンジポンプ・人工呼吸器をはじめ複数のME機器の日常点検、定期点検を行い、各部署に貸し出しています。院内の医療機器の故障などといったトラブルに対応しています。
転倒転落防止の離床センサー類も中央管理しています。

呼吸器 貸出棚
呼吸器 貸出棚

 

血液浄化業務

血液透析業務は行っていませんが、G-CAP(顆粒球吸着)やPMX(エンドトキシン吸着)といった血液浄化を行う際の準備や機器の操作を行っています。

HOME | 病院案内 | 診療科・部門案内 | 医療相談 | セカンドオピニオン | 職員募集