函館協会病院

栄養管理室

栄養管理室 理念

病院理念に基づき患者様の栄養改善に努め、良質な栄養療法を提供します。

基本方針

入院中の食事について

食事の提供

医師の指示により、患者様の病状に合わせたお食事を提供しております。さらに、必要に応じて、形態、量、嗜好の対応を行っております。

当院の栄養基準をもとに、委託会社「株式会社LEOC」が献立、発注、調理、配膳、洗浄まで行っています。

配膳時は温冷配膳車にて、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく、適温で提供できるよう努めています。

行事食について

月に1度、歳時に合わせた行事食を提供しています。

3月 ひな祭り
6月
7月 七夕
12月 クリスマス

業務内容

入院・外来患者様への栄養食事指導

医師の指示に基づき、特別治療食を必要とする患者様を対象に、個別栄養指導を行っています。また、必要に応じて管理栄養士が入院患者様のベッドサイドへ訪問し、栄養相談も行っています。栄養指導をご希望の方は病院スタッフにお申し出ください。

チーム医療の参加

当院のNST(栄養サポートチーム)は医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、検査技師、歯科衛生士、社会福祉士で構成されており、管理栄養士がディレクターとなって他職種と連携し入院患者様の栄養改善に取り組んでいます。また、回復期リハビリテーション病棟では専任の管理栄養士が配置されており、カンファレンスに参加して多職種で患者様の身体機能・栄養状態の評価を行い、患者様がスムーズなリハビリができるよう栄養管理を行っています。

参加しているチーム・委員会

嚥下機能検査の参加

食事中頻繁にむせたり、飲み込みが悪い方に行う嚥下造影検査(VF)に参加し、患者様の状態に合った食事形態や栄養補給法を医師や看護師、言語聴覚士と相談して決定しています。

スタッフについて

在籍スタッフ 管理栄養士 3名
認定資格 NST専門療法士 1名
糖尿病療養指導士 2名