函館協会病院

診療放射線科

診療放射線科について

診療放射線科では、X線などの放射線や磁場を使用し、人体から適切な画像情報の提供を行う部門です。 各診療科や地域の諸先生方のさまざまな依頼にお応えするため、CT、MRI、透視装置を始め、各装置を駆使し、より診断価値の高い画像を提供するよう目指しています。 検査にあたりご不明な点や不安を感じられることが有りましたら、当科スタッフへお気軽にお尋ねください。

診療放射線科 理念

病院理念に基づき患者さまに必要な放射線医療技術・画像医療技術を提供します。

基本方針

診療放射線科 フォトギャラリー

レントゲン受付
レントゲン待合
一般撮影室
DR(Ultimax)
CT操作室
MRI操作室
PACS
一般撮影側操作室

当院の検査機器紹介

CT

64列マルチスライスCT

当院のCT撮影装置は検出器を64配列しているマルチスライスCTで、一度に多くの断面を撮影することが出来ます。さらに一つの断面を薄く撮影が出来るので、細かな病変も描出することが出来ます。 またこれらのデータを利用し多方向の断面や立体画像、手術支援画像も作ることが出来ます。

MRI

1.5TMRI装置

MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略です。 大きな磁石と電波(ラジオ波)を使って画像を得ます。 放射線による被曝が無いため、健常な方でも安心してお受けいただくことができます。 ただし大変強い磁場を使用しているため、ペースメーカーを装着されている方など、MRIならではの制限や注意もございます。 MRI独特の騒音を極力抑えた静けさに加え、開放感のある1.5テスラの装置です。

一般撮影装置

X線画像情報をデジタル化することで、常に安定した画質の画像を提供することが可能となり、さらに部位・目的に応じた画像処理効果により診断精度の向上が図れます。当院ではCRシステムに加え令和元年よりDRシステムを使用しています。DRシステムでは、撮影後数秒で画像が確認でき、撮影・診断が迅速に行えるようになります。また被ばくに関してもCRシステムより20~30%低減可能となっております。

X線透視装置(X線透視装置)

2台のデジタルX線テレビ(DR)を導入しています。 一台はCアームポジショニングにより多方向からの撮影ができ、マルチアングルな画像が得られることが特徴の装置です。さらに直接変換方式平面検出器(FPD)を搭載し、34×34cmの大視野で歪みのない安定した画像が得られます。 もう一台は一般的な透視装置にFPDがついたタイプです。この装置は寝台が昇降式なので迅速な検査が行えます。苦痛なく短時間で検査ができることなど患者様に不安を与えず、効果的な診断が下せます。


骨塩定量検査(BMD)

GE社 PRODIGYを使用し、2種X線吸収法(Dual energy X-ray Absorptiometry 通称DEXA)を利用して骨密度を測定します。骨折のリスクが高い腰椎と股関節頚部の測定を行います。腰椎と大腿骨が同一体位で撮影ができ、撮影時間は1部位30秒です。

歯科用撮影装置

パノラマ撮影装置

上下顎骨に発生する腫瘍や嚢胞性病変、上顎洞病変および骨折などの観察に用いられます。


デンタル撮影装置

歯および歯根と顎骨の観察、また虫歯の場合は進行状態や治療経過・治療結果の確認に用いられます。

その他撮影装置

病室撮影用ポータブル装置

手術後など移動が困難な患者様の病室での撮影に用いられます

  • インバータ式回診用X線装置 IMC-40(東芝メディカル)
  • インバータ式コードレス回診用X線装置 IMC-200A形(東芝メディカル)

手術室用外科用イメージ

手術中のX線透視撮影に用いられます

  • 外科用X線装置 SXT-1000A形(東芝メディカル)

患者さまへお願い

それぞれの検査にあたり、更衣や、息を止めていただいたり、少し長い時間動かないでいただいたりなど、協力をお願いすることが有ります。 スタッフ一同、装置、技術を駆使するよう常に心がけておりますが、さらに患者さまの協力をプラスし、より質の高い画像の提供をめざしております。 より診断価値の高い検査の為に、ご協力をよろしくお願いいたします。

当院所属診療放射線技師取得認定資格

放射線管理士 3名 公益社団法人 日本放射線技師会
放射線機器管理士 3名 公益社団法人 日本放射線技師会
X線CT認定技師 2名 NPO法人 日本X線CT専門技師認定機構
胃がん検診専門技師 1名 一般社団法人 日本消化器がん検診学会